2009年07月07日

外陰部のかゆみの薬

外陰部のかゆみの症状には次のものがあります。
1、接触性皮膚炎(かぶれ)
2、カンジダ膣炎(カンジタ膣炎)
3、トリコモナス皮膚炎
4、痔(ちかいので間違えた)

◆接触性皮膚炎(かぶれ)の原因と対策
1)下着やナプキンの接触
 →自分にあった刺激の少ない素材を選ぶ
2)自分のおりものにかぶれる(ナプキンやおりものシートの長時間の使用)
 →こまめに交換、自分にあったものを使用
3)外陰部洗いすぎ/常在菌の減少
 →シャワーでさっと洗う
4)通気性の悪化
 →ゆったりした服を着る。通気性のいいショーツをはく

●かゆい時でもかかないように
かゆみ止めの薬を塗って病院に
かゆみ止めの薬はこちらから


フェミニーナ軟膏

詳しくはこちら





デリケア

詳しくはこちら





フレディ

詳しくはこちら





ユースキンラフレ

詳しくはこちら





◆カンジダ膣炎(カンジタ膣炎)
特徴は激しいかゆみと豆腐をくずしたようなおりもの
原因はカンジダ菌(かびの一種)
まずは病院で診断を


カンジダ再発時の薬はこちらから





◆トリコモナス膣炎
外陰部に痛みやかゆみ
おりものにおいが強くなり
黄色や緑色の泡状になることも
まずは病院で診断


トリコモナス膣炎の薬はこちら





◆痔
外陰部と肛門は近いので、
外陰部がかゆいと思って、
病院に行ったら、痔と診断されることも


痔のかゆみの薬はこちらから







◆免疫力の低下すると特にかゆく感じます
 ストレスや疲労をためないように



posted by 外陰部かゆみ at 17:11| Comment(53) | 外陰部のかゆみ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。